受付時間
平日
  • 午前
    8:30 - 12:00
  • 午後
    13:00 - 16:30
診療時間
  • 8:30 - 17:00
休診日

土曜日・日曜日・祝祭日
開院記念日(9月4日)
年末年始(12月29日~1月3日)

面会時間
  • 平日
    15:00 - 20:00
  • 土・日・祝日
    10:00 - 20:00
お問い合わせ
  • tel.0156-62-2513
  • fax.0156-62-4460
看護部
看護部概要
看護部長ごあいさつ
nurs_img_01.jpg

清水赤十字病院
看護部長 大沼 まゆみ

清水赤十字病院は、赤十字病院の理想である、人道と博愛の精神に基づいて、より良い医療・看護を目指して、チーム医療を実践しています。
さらに赤十字の使命の一つである国際救援及び国内災害救護活動を行います。

清水赤十字病院看護部は、

  • 人のこころに寄り添い、その人らしい看護を目指しています。
  • 人の限りない可能性を信じて、認めあい、支えあい、思いやる気持ちを大切にする看護を目指しています。
  • 人として、社会人として、組織人として幅広い柔軟性のある人材の育成を目指し、多職種と協働して教育を行います。
  • 赤十字のネットワークを活かし、ジェネラリスト・エキスパート・スペシャリストの育成、進学など個々のキャリアアップを支援します。
  • 仲間との対話を大切にしながら、職種間の連携を大事にしている病院です。そんな明るく元気な思いやりのある仲間と一緒に「その人らしい看護」をしてみませんか。
看護部理念
  • 赤十字看護師として信頼される、思いやりのある看護をモットーに、患者・家族の思いに寄り添い、地域住民の期待に応えられるよりよい看護を目指します。
  • より良い看護とは、患者が生きる目標に向かってその人が持つ健康を維持促進することを看護者との相互作用の中で引き出しながら、その人らしい生活を高めていくこと。
看護部基本方針
  1. 患者の権利を守り、患者が安全・安心できる看護の質向上に努めます
  2. 保健・医療・福祉のチームの一員として他施設・他部門と協力調和し、円滑に看護業務を遂行します
  3. 医療・看護・福祉の動向に目を向け、専門職業人として、知識・技術の向上に努めます
  4. 赤十字に関する認識を深め、赤十字活動に協力します
  5. 地域に対し実習や見学の場を提供し、開かれた病院を目指します
清水赤十字病院看護師像
  • 赤十字及び病院、看護部の理念に基づき行動できる看護師
  • 患者・家族から信頼される看護師
  • 自律できる看護師
  • 地域医療を担う役割を理解し、その役割を果たすことができる看護師
  • 必要な情報を取り生かすことができる看護師
  • 世界の動向を知り時代に即した行動ができる看護師
チーム医療の実践

nurs_img_02.png

専門分野と多分野に適応できる病院・看護
  • 救急医療
  • 消化器内視鏡
  • 地域医療
  • 化学療法
  • 手術療法
  • 成人看護
  • 老人看護
  • 手術看護
  • 小児看護
  • 認知症看護
  • 訪問看護
  • 感染管理
  • 特定行為
  • 褥瘡ケア
  • 緩和ケア
教育体制
教育目標
  1. OJT,OFF-JTを連携し看護実践能力を高める。
  2. キャリア開発ラダーの取得を支援する。
    (看護実践者ラダー 管理者ラダー 教員ラダー 国際救援ラダー)
  3. 看護職員個々のキャリアプランを基に主体的な学習を支援する。
    (専門看護師,認定看護師,特定行為,学会資格,赤十字関連資格,看護支援,救護訓練,学会発表など)
  4. 専門領域および能力開発できる学習機会を提供する。
    (資格取得・更新,学会発表など)
教育支援
  • 新人看護師研修
  • 経年別・ラダー関連研修
  • 特定行為研修
  • 研修費助成資格取得への援助
    認定看護師等養成学費半額
    助成制度あり
    資格取得助成制度あり
  • 研究・学会発表支援
赤十字施設のキャリア開発ラダー

nurs_img_03.png

特定行為研修
特定行為とは

特定行為は、診療の補助であり、看護師が手順書により行う場合には、実践的な理解力、思考力及び判断力並びに高度かつ専門的な知識及び技能が特に必要とされる行為です。

当院は2019年2月に厚生労働大臣より指定研修機関として指定されました。

2019年4月より特定行為2行為1区分の研修を開始いたします。

  • 行為
    1. 持続点滴中の高カロリー輸液の投与量の調整
    2. 脱水症状に対する輸液による補正
  • 区分
    栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連
清水赤十字病院の特定行為研修の理念

清水赤十字病院特定行為研修は、チーム医療のキーパーソンである看護師が、患者及び国民並びに医師及び歯科医師その他医療関係者から期待される役割を十分に担うため、医療安全に配慮し、在宅を含む医療現場において、高度な臨床実践を発揮できるよう、自己研鑽を継続する基盤を構築することを基本理念とする。

研修目的

清水赤十字病院は急性期医療から地域医療、在宅医療まで多岐にわたる役割を担っている中で、地域包括ケアを念頭に置き、患者の入院期間のみならず退院後の在宅療養を支えるために、より自立してケアを提供できる看護師を育成する。

受講資格

以下の条件を満たす、清水赤十字病院に勤務する看護師であること

  • 看護師免許を有すること
  • 看護師免許取得後、通算5年以上の看護実務経験を有すること
  • 看護部長の推薦を有すること
  • 看護実践者ラダーⅢを取得していることが望ましい
部署紹介
外来
  • 診療科:総合診療科/内科/消化器内科/小児科/外科/整形外科/人工透析
  • 消化器疾患、糖尿病、生活習慣病、感染症、腎疾患、肝疾患 
  • 訪問診療・訪問看護

患者さんと接することを大切に心のこもった看護を目指しています。
在宅で生活を支えるために訪問看護の質の向上を目指し患者さんに寄り添った看護を目指しています。
認め合い、支えあい、思いやる気持ちを大事にし、明るくいつも笑顔があふれている外来です。

nurs_img_08.jpg
内視鏡室
  • 内視鏡検査・手術
  • 内視鏡技士が医師のサポート及び患者ケア

医療安全に努め、患者さんの苦痛を最小限にできるよう看護します。

nurs_img_09.jpg
透析室
  • 透析ベッド:17床 
  • 二部透析実施
  • 慢性腎不全における維持治療としての血液透析を実施
  • 国内外の旅行者の受入
  • 災害発生時の患者受入

患者さんが安心して透析治療を受けることができるよう、医療安全に努め、こころのこもった看護を目指します。

2階病棟
  • 一般病床:38床 地域包括ケア病床:12床
  • 診療科:内科/外科/小児科
  • 休日・夜間救急患者受入(外国人旅行客含)
  • 在宅復帰に向けた退院支援

できるだけ長く在宅で生活できることを願って患者・家族の背景を大切に、患者の思いに寄り添った看護を目指しています。
認め合い、支えあい、思いやる気持ちを大事にし、明るく元気にいつも笑顔があふれている病棟です。

nurs_img_10.jpg
3階病棟
  • 3階病棟:42床
  • 身体障害者・特殊疾患病棟
  • 脊髄小脳変性症/進行性筋ジストロフィー/パーキンソン病/肢体不自由/脊髄損傷/ALS/人工呼吸器使用患者/人工透析患者など

障害を持つ患者さんに寄り添い、その人らしい療養生活が提供できるように努めています。患者・家族の背景を大切にしています。
認め合い、支えあい、思いやる気持ちを大事にし、明るく元気にいつも笑顔があふれている病棟です。

救護活動
東日本大震災
nurs_img_11.jpg nurs_img_12.jpg nurs_img_13.jpg
平成28年熊本地震
nurs_img_14.jpg nurs_img_15.jpg nurs_img_16.jpg
平成28年台風第10号
nurs_img_17.jpg nurs_img_18.jpg nurs_img_19.jpg
平成30年北海道胆振東部地震
nurs_img_04.jpg nurs_img_05.jpg nurs_img_21.jpg
nurs_img_06.jpg nurs_img_20.jpg nurs_img_07.jpg
採用情報